意識高い系の特徴        シリコンバレー好き

意識高い系とは、
物事に対する意識を高くもった言動をしているだけで、
その言動につりあった結果がついてこない人のことを言います。

そう呼ばれてしまうのですから、
成果が出なかったのは一度や二度ではないでしょう。

しかし自覚が無いのか失敗を恐れないのか、
意識高い系がシリコンバレーでオフィスを開設して、
上手くいかずに閉鎖する事態が多発しています。

普段から結果を出すことが難しい言動をしているのですから、
起業も自分の身の丈には合っていない可能性が大いにあります。

それがオフィスを閉鎖に追い込んだ原因だと予想ができますし、
起業して上手くいかないことを予測していた人も
周囲にいたことでしょう。

それでは、そのような意識が高いと呼ばれる期待ができない人が
どうして起業までこぎつけたのか。
そこにはキックスターターの存在があります。

意識高い系が「こんなプロジェクトをシリコンバレーでやりたい」と
キックスターターで発表します。
するとそのプロジェクトに興味があったり応援したいと思う
不特定多数の人々から資金が寄せられます。

資金を提供する側にはプロジェクトの発案者が
意識高い系なのか知る術がありません。
プロジェクトが成功すると報酬を得ることができるのですが、
発案者を知っている人間だったら成功しないだろうと見込んで
出資を断ったでしょう。

キックスターターという存在が、
無謀なことへ挑むチャンスを容易に与えてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です